大学卒業後に無事に就職できて、つい最近社会保険証が手元に来ました。社会保険証を見ていると、何だか自分が一人前の社会人として認められたような気がして、これからも頑張っていこうと気も引き締まります。万が一怪我とかしても保険証があるし、何よりも身分証としても優秀…なのですが、それゆえの不安っていうのもありますよね。

仮の話ではありますが、万が一保険証を紛失してしまって誰かに拾得されてしまって、融資などに悪用されてしまうと考えた場合、この防止策としては何をするべきなのでしょうか?社会人になったばかりでこういう事に対する対処法も分かっていませんが、融資といった事に悪用される事があるというのは常々承知しています。まだ融資を使うと決まったわけではありませんが、そのうちカードローンは作りたいと思っています。

なので、今のうちに保険証の悪用、及び融資に使われてしまいそうな場合に対しての知識を付けたいので、是非ともお詳しい方にご教示していただければと思います。

保険証紛失の届け出をまずは行いましょう

保険証はその人のパーソナルな情報が詰まっているから、身分証としては非常に効力があるものね。特に保険証だと顔写真も無いからそのまま情報を偽ってカードローンを作ったりできる可能性もあるから、怖いわよね。そうならないように厳重に保管しておく必要があるのだけど、人間どんなアクシデントがあるか分からないわ。

ただ、保険証紛失時にするべき事は一つで、まずは紛失の届け出を行う事ね。会社から発行してもらっているのなら会社の担当の人にまず伝えれば、対応方法も教えてくれるわ。すでにどこに連絡すれば良いか分かっているのなら、自分で手早く連絡して保険証を無効化したりも出来るわね。

それでも保険証のコピーを使ったりしてお金を勝手に借りられた場合だけど、これは払わなくても良いわよ。第三者が不正に個人情報を利用してなりすましでお金を借りた場合、後から本人がOKを出さない限りは有効な契約にはならないってわけね。だから最悪の場合でも金銭的な被害は抑えられる…のだけど、面倒なごたごたが起こるのは確実ね。

だから、年の為に融資の不正利用を確実に防ぐ方法としては、信用情報機関に先に深刻しておくと良いわよ。信用情報機関は融資に関する情報を扱っている場所で、ここに保険証を紛失したから不正に利用されるかもしれないと伝えれば、例えば消費者金融に不正に申し込まれた場合でも信用情報機関に確認するから、面倒を事前に防ぐ事が出来るわ。これで、保険証の融資への不正利用はできなくなるわ。

面倒かもしれないけど、借りられた後に手続きする方がもっと面倒だと考えると、こうして先手を打つ方が楽なのは知っておきたいところね。

保険証紛失してしまったら!まず悪用防止の手配を

保険証=健康保険証は、写真が付いていない場合もありますが、レンタルビデオの入会から借り入れの契約まで、多くの場面で身分証明書として利用されています。レンタルビデオ店で自分になりすまして借りた人が返却しなかったり、だれかが自分になりすましてカードローンやクレジットカードを作ったり、身分証明書の紛失による最大のリスクはなりすましです。

 財布やカバンを紛失すると、まずは現金、その次に心配になるのが銀行のキャッシュカードやクレジットカードなどの悪用による経済的損失です。銀行のキャッシュカードやAクレジットカードは、紛失時には24時間応対の電話窓口に届け出ることで直ちに利用をストップすることで悪用防止になります。

 一方免許証や保険証紛失の場合は、直接的な被害は目に見えにくいのでかえって厄介です。キャッシュカードやクレジットカードの紛失、盗難の場合は、届け出時点で悪用されていないか確認することができるし、届け出以後は悪用される心配はありません。これに対して身分証明書の紛失の場合は、実際に被害が生じてからでないとどこで悪用されているかがわからないし、その心配はずっと消えません。

 保険証紛失したら、健康保険利用のために、国民健康保険なら市区町村の役所、会社勤めなら健康保険組合などに届出て、再交付を申請します。ここで手続きが終わったと安心することなく、悪用防止の手順を踏む必要があります。将来使われるかもしれない金融機関などすべてに事前に連絡をする必要はありませんが、警察への盗難や紛失の届出はしておきましょう。
 
 仮に悪用されて、成り済まされても、届け出をしていれば自分の行為でないことが証明できます。 もしも手元に何日も見つけられず、紛失の可能性がある場合、病院に行かないから大丈夫・・ではなく、保険証の役割の公的な身分証明書という性格にも注意し、再交付の申請と、紛失・盗難の警察署への届出などの対策を取りましょう。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【口コミ評判高し!】キャネットよりも良いかも!?優良金融紹介 All Rights Reserved.