消費者金融から借りたお金には時効があるって聞きましたけど、本当なのでしょうか?

消費者金融でお金を借りるともちろん返済をしなくてはいけないのですが、その返済というのも時効があって、確か5年経過した場合は借金が消滅、返済をする必要がなくなる…という話を目にしました。それが本当だとしたら、場合によっては逃げ切ってしまった方がお得って事になってしまいますよね?お金を回収する人たちが逃げ切らせてくれるとも思えませんが…。

こんな事を聞いていますが、別に借金から逃げたいと考えているわけではありません。純粋にそういう話を聞いて気になっただけですので、答えて下さるのはお時間のある方だけで結構なので、よろしくお願いいたします。

そう簡単に時効は英率しません

借金に時効があるというのは、紛れもない事実だね。金融機関から借りたお金は最初にも言っているように5年であり、時効が経過した後に援用というのをすれば、お金を返す必要は無くなると法律では決まっている。けど、それを簡単に許すほど金融業者というのは甘くないのは知っているよね?

でも、この時効っていうのは中断されてしまう事がある。お金を返さない人に対して裁判を起こすことは珍しい事じゃないし十分あり得る可能性なんだけど、この裁判にて請求されてしまうと、その時点で時効が中断されてしまう。そして中断されてしまえば時効も延長されてしまう…というわけだ。

他にも給与の差し押さえとかも該当しているんだけど、極端に言えばそうした事が5年間されなかったら時効は成立する。つまりは逃げ回る事でできる可能性はある…と言いたいけど、貸したお金の請求を金融業者が止めると思うかい?請求を一度でも止めたとおおっぴらになればどんどん同じ事をする人も出てくるだろうし、こうした回収については全く容赦が無い。脅迫などはしてこなくとも確実に返済させるように仕向けてくるから、諦める方が良いだろうね。

時効があるというのは法律上であり、条件が全てクリアされたらの話だ。それがクリアされるまで黙っている事というのは考えられない上に借金を払わずに逃げ回ると、まともな生活を送る事はできない。つまり、自分の人生を自分で台無しにするのが時効の悪用ってわけさ。

融資の利用においては時効の利用なんてせず、真っ当に返済していくのが一番だよ。きちんと返していけばもっと良い条件でお金を借りられるようになって、より返しやすくもなるから、そんな事をする必要も無くなってくるしね。

消費者金融のキャッシング返済の時効は5年

今では多くの人が消費者金融キャッシングを利用している時代ですが、返済において時効があることを知っておくと良いです。もし、その時期を迎えることができれば、現在持っているキャッシングの借金は返済する義務がなくなるため、返済をする必要がありません。

どのような状況で消費者金融キャッシングの返済をしなくても良いのかを説明しますと、これは通常の状況ではなく様々な条件を満たしている必要があります。大切なポイントは自分の消費者金融キャッシングからの借入状況ではなく、契約している消費者金融の経営状況などがポイントになります。

時効というのは債権者である消費者金融が貸し出ししたお金を回収することを放棄した状況で初めて成立するものなので、借入者が自ら狙って返済をしない状況を作り上げることはできません。この点は注意が必要です。契約先の会社の経営状況が悪化している場合など、キャッシング返済で遅延しても返済の催促などがやってこないことがあります。こうした状況が継続して5年という月日を経過しますと、上記のようにキャッシングの返済における時効が成立します。

簡単に説明するとこのような状況においてキャッシングの返済をしなくても良い場合がありますが、実際のところは色々と法律が絡んでいるので、もしキャッシングを利用して思い当たるところがある場合は弁護士にしっかりと相談をして判断してもらう必要があります。

ちなみに、こうした金融における法律相談は法律事務所などで相談できますが、無料で相談をしてくれるところがたくさんあるので、もしかしたら返済しなくても良いかもしれないと感じるなら、そのときはしっかりと法律事務所で相談をしてみると良いです。

このように消費者金融キャッシングを利用するときは、契約先の会社の状況によっては返済をする必要がない場合があるので基礎知識としてしっかりと覚えておきたいものです。また、狙ってできる事ではないことを注意点として認識しておくと良いです。

▲ トップへ戻る
Copyright (C) 2020 【口コミ評判高し!】キャネットよりも良いかも!?優良金融紹介 All Rights Reserved.